体調が悪い時こそリラックスに過ごす

体調が優れない時には家でとにかくリラックスをする事に努めます。
身体の面でもストレスでもリラックスをすることは身体に良い効果をもたらします。
体12
リラックスするためにはパソコンやスマホを極力見ないようにします。
本を読んだり、音楽を聴いたりして心を落ち着けます。
なるべく寛げる格好に着替えて、ストレッチも取り入れながら身体をほぐします。

 

体調を崩した時には暖かい飲み物をゆっくり飲むようにしています。
ホットミルクやショウガ湯など、身体の中から温めてくれるような飲み物を選んで、普段飲むような冷たい水はなるべく控えます。
時間をかけてゆっくりと飲むことで胃が疲れている時にも効果的です。
体13
食事は消化に良い物を食べて食べ過ぎないようにします。
あとはなるべくいつもより早い時間に睡眠をとるようにします。

 

体調が優れない時は身体を休めるのが一番ですね。
これらの事をすることである程度回復しますし、なるべく身体に負担をかけない事で悪くなる事は無いと思います。

 

本来ならば普段からこのような生活を心がけていれば良いのですが、中々実践できないので体調の悪い時にやってみるとその効果の程が実感できます。
特別な物を用意する必要もないので、時間をゆっくりと過ごす事に勤めることが大切だと思っています。